グッズモニター報告


商品名
*TOKYO東京名器物語
デザイン
HPの写真よりやや赤みの強いピンクです。取り出すとややネットリする感触があり、これは寿命になるまで残りますが、そう気にする程でもないですし、気になる人はボディソープ等で洗ってから使えば大丈夫でしょう。
使用感
アソコの外観が再現された入り口ですが、特上や極上に比べて凹凸が低いので中に入れるにはやや要領がいります(そんな難しいものではありませんが)。
入り口周辺にローションを塗り付けてやり、入り口に向かって中の空気を押し出した状態で○頭を持って行くとスルッと入って行きます。
中に入っての感触は、予想以上の良さです。特上にはかないませんが、これはそれだけ特上が傑出した出来だからであって、この価格でこの快感が得られるのは感激モノです!小さめの内径で締め付け感が味わえ、○頭に絡むヒダヒダの感触も楽しめます。
ホール長110mm で中に当たる感触も楽しめます(個人的には、もう少しホール長をとってくれた方が嬉しいのですが)。
自然なアソコの感触に近いけれど締め付けと絡みに物足りなさがあった極上に比べると個人的には気に入ってしまいました。
 私のようにビンボーな方には気になる寿命ですが、週2・3回の使用で4ヶ月は持ち、この時点で部分的に肉厚が薄くなって「そろそろか」と思ったら、何と更に一ヶ月持ちこたえました!薄肉になっての使用感はまとわり付く感触がより良くなり、穴が開くまでなかなか楽しめます。
選んだ理由
KIYOで手を出した特上中身の快感にすっかりハマってしまったものの、モノによっては3回目の使用で穴が開いてしまう事もあり、より肉厚の極上中身を試してみたところ、確かに肉厚になった分寿命は長くなったものの特上のようなヒダの絡みつく感触は得られず、特上に迫る安価なホールを求めて2つ試したものの満足出来るモノが無く、「何かネェのか!」と思っていたところ、KIYOのHPで新製品の紹介が出ており、仕様を見ると「内部:長さ110mm、直径15mm」とあり、「これなら特上のような締め付け感があるのでは?」という期待感から注文しました。
その他
ホールを使う時の鉄則ですが、ローションは必須アイテムです。
「水で濡らせば大丈夫だろう」というケチ臭いマネは感触が悪いだけでなく・ホールを傷めてしまいますし、ボディソープで間に合わせようとしたものなら、尿道が沁みて来ますよ(恥ずかしながら、どちらも体験談です)。このホールにはペペのような粘いローションよりピンクローションのようなサラッとしたローションの方が合うように思います。その分、ローションの逆量が多いようなので、居間で使うのであればタオル等で受けておく用意をした方が良いでしょう。他の低価格ホールを買うのであれば、まずこのホールを試してみてみる事をお奨めします。更なる快感を求める方は、それから特上に手を出してみて違いを感じてみるのも良いでしょう
KIYOコメント
やはりローションは必須アイテムですね。ローションがホール使用のポイントで気持ち良さやホールの寿命に大きくかかわってきますので、すこし多めのローション使用がいいですね。潤滑油となるローションが切れると局部摩擦でホールが破損しやすくなりますので、皆さん「少し多め」でお願いします。
KIYOでは消耗品であるローションを低価格、翌日時間指定配達でご奉仕しております。使いきってもすぐお送りしますので、安心してください。
TOKYO名器物語は非貫通ホールで長さもありおすすめです。^^)

※注意
(1)全サイトは20歳以上の成年を対象にしております。未成年や下記(2)に同意できない方は実践はもとより当サイトから退場してください。
(2)当サイトを参考にしての実践については、各自が責任を持ってください。著者及びホームページ管理者であるKIYOは一切の責任を負えませんのでご注意ください。


当サイトの全画像、全文章の著作権は有限会社ウィッスに属しており無断使用、転載、画像リンクは禁止します。