グッズモニター報告


商品名
アットフィフティーン(@15)
デザイン
 パッケージで目につくのは、丸くビニール張りされた上蓋から覗くホールの挿入口とWetGrooveの文字。挿入口を取り囲む花びらのように、米粒状の突起が並んでいます。

本体はビッグボリュームというだけあって、手にずっしりとした重さが伝わってきます。長さは両手で掴んで少し余るくらいです。外側はウェットグルーヴの突起と首周りが少し太めになっている以外、のっぺりとした筒状です。

通常のホールだと入り口はぴったり張りつきますが、フィフティーンはウェットグルーヴにより、逆歯車状に張りつく部分と同じくらいの隙間を確保し、そこにローションが溜まるのでローション切れが起きないようになっているのでしょう。

多くのホールにあるような入り口の狭くなった部分がないので、内部もビックボリュームという感じで、どーんと穴が開いています。

内側は、ウェットグルーヴから襞までの1cmくらいの間に気泡の跡や剥離に失敗したような跡があり、負担が大きくかかるところなので気になります。一番奥の少し広くなっている所まで細かい襞が続いていますが、微妙に中心がズレているところがあったり、型を外すのが早かったのか、襞が崩れているところもあります。突き当たりの中心には小さな突起。
素材
 表面の材質はベタつきも油っぽさもなく、弾力が多少強めですが柔らかさも人肌に近い感じで、すべすべしています。

内側は多少油っぽい感じで、指で触った感じではあまり粘着性がないようですが、襞同士を合わせてみると一瞬ぴったりとくっつく程度にはしっとりしているようです。鼻をくっつきそうなくらい近づけると甘めの香りが少ししますが、ほとんど無臭と言っていいでしょう。ウェットグルーヴも表面の材質と同じでさらさらしています。
使用感
 入り口から大きな穴が開いているので、挿入にはまったく問題ありません。中の襞は細かいので刺激はそんなに強くありませんが、壁が厚くできているので、ゆったりと包まれている感じがします。

長さもかなりあるので、根元まで入れた状態でも奥の突起まで届きませんでした。動かしても見ても締めつけてくる感じはありませんが、ミミズ千匹が強くもなく弱くもなく微妙な感触でまとわりついてきます。

筆などで触れるか触れないかくらいの距離をおいて肌を撫でると、わずかなタッチでもはっきり感触が残る事がありますが、あの感触が全面から襲ってくるような感じでしょうか。気持ち良さが背筋を駆け上がるというより、ゆっくり這い登ってくるようです。

締めつけ感の強いホールのように、早く動かしても刺激はさほど強くなりませんが、反対に、ゆっくり動かしていても刺激が弱くならないので、長く楽しむには良い気がします。

普通のホールだと、長く楽しむにはローションを継ぎ足さないと、入り口の部分がローション切れで痛くなる事がありますが、これはウェットグルーヴがあるので、最初にたっぷりローションを塗っておけば、ローション切れで楽しい時間に水を差される事がありません。
選んだ理由
 ウェットグルーヴがどんなものかと思い選びました。ホールの作りからも長く楽しむのに向いている感じなので、ウェットグルーヴの効果は大きいと思います。
KIYOコメント
フィフティーンは特徴的なデザインになっておりますね。きつくもなく緩くもなく、まったりとした時間を過ごしたい方には最適かもしれませんね。(^-^)

たまにはゆったりとした時間を過ごすのも良いですよぉ〜。(^o^)/

※注意
(1)全サイトは20歳以上の成年を対象にしております。未成年や下記(2)に同意できない方は実践はもとより当サイトから退場してください。
(2)当サイトを参考にしての実践については、各自が責任を持ってください。著者及びホームページ管理者であるKIYOは一切の責任を負えませんのでご注意ください。


当サイトの全画像、全文章の著作権は有限会社ウィッスに属しており無断使用、転載、画像リンクは禁止します。