グッズモニター報告


商品名
簡単亀甲縛り(赤)
デザイン
 第一印象は単に「赤いロープ」というのが正解でしょうか。結び目が最初から作ってくれてあるのですが、この段階ではなんとも言えません。

付属のマニュアルを見るとこの結び目が肝のようです。とはいえまだ実感がわいてきません。やはり使って見なければ始まらないようです。
素材
 ロープといいますが、むしろ「太めのひも」といった感じでしょうか。手触りがしなやかでこれなら肌に傷を付ける心配も少ないでしょう。

特徴の結び目もしっかり作ってあり、突然解けるようなこともなさそうです。また結び目だけ感触が痛いということもなく、あくまで体に触れることを考えているようです。

製品の目的上、安全性を第一に考えているようでいい印象を持ちました。とはいえあまりきつく縛ったりすれば傷や痣になるでしょうから、注意は当然必要です。
使用感
 ロープだけ手渡されても使い方はよく分からないので、マニュアルを見ながら挑戦です。縛ること自体初めてだったのですが悪戦苦闘約15分、どうにか完成しました。

しかし不慣れなせいでなんとなくバランスが悪いようです。この製品の特徴である「移動できる結び目」の調整が最大のポイントだということが分かります。これは回数をこなすこと、相手に合わせて調整すること、センスを養うことが重要でしょう。

最近は慣れてきたせいか数分で形が見えてくるようになりました。とはいえまだ調整は納得がいきません。
簡単にできるだけに逆に難しいのかもしれませんが、結構楽しい悩みとなっています。

それからロープですが、長さがかなりあって取り回しに注意が必要です。これは体型の差をカバーするためで、あまった部分はカットも可能となっています。工夫すれば使い道があるかもしれませんが、からまったりしないように注意してください。
選んだ理由
「縛りに興味はあるけれどうまくできる自信がない」というのが理由でした。あまり時間をかけても興ざめですし、変にしばって危険な状態になるのも不安でした。その点をこの製品は実にうまく解決してくれました。

マニュアルも図解でわかりやすく、私のようなビギナーでも不安がありませんでした。
その他
 相手あっての縛りですが、縛られる側も不安はあると思います。そんな時マニュアルを見せたりロープを確認してもらえば相手の不安もやわらぐと思います。ハードプレイには向かないかもしれませんが、縛ることを楽しむには最高ではないでしょうか。

縛りというとSMプレイの一種と思われがちですが、元をたどると古いようですね。時代劇とかで罪人を縄で縛っているシーンがありますが、ああいったものがルーツなのでしょう。

こうなると日本の伝統文化といっても過言ではないと思います。そんなわけで失われつつある伝統文化をみなさんも手軽に体験してはどうでしょう。意外に簡単でおもしろいですよ。
KIYOコメント
予め結び目が作られていますのでモニターさんのように「縛りを楽しみたい方」にはうってつけだと思っております。マニュアルも付いてますので一緒に見ながら少しずつ完成にもっていくのもひとつかと思っております。(^-^)

※注意
(1)全サイトは20歳以上の成年を対象にしております。未成年や下記(2)に同意できない方は実践はもとより当サイトから退場してください。
(2)当サイトを参考にしての実践については、各自が責任を持ってください。著者及びホームページ管理者であるKIYOは一切の責任を負えませんのでご注意ください。


当サイトの全画像、全文章の著作権は有限会社ウィッスに属しており無断使用、転載、画像リンクは禁止します。