グッズモニター報告


商品名
■販売終了 KIYOオリジナルオナホール さざ波
デザイン
 直径約5cmで比較的小さくコンパクトだなと思いました。手で握って親指と人差し指が繋がります。(個人差ありですが)デザイン共通のエロさのない長細い筒に紹介でもあるように輪ゴムが丁度の溝が数箇所あります。

他のリングではちょっと無理がある溝です。穴の入り口はすり鉢状で使用してみると分かりますが、これが何より素晴らしい。入り口の穴が大きいものなら簡単ですが小さい穴だとマックスにガチガチちん○でないと入れるのに苦労します。
しかもさざ波の入り口は約5mmです。すり鉢状だとかなり入れやすいです。というよりこれがないととんでもなく挿入するのが難しいホールです。ローションを入れるときすり鉢状周りをたらすことが必要です。

使用前に内部を指で突っ込んで洗浄しましたが溝がうねってそしてきつかったです。使用前から刺激が強そうだと楽しみでした。パッケージは前回の有志の絆からするとあっさりした感じです。紹介通り焼酎の箱ですね。

区別のために端に金、黄のシールが貼っていました。
素材
 このさざ波スーパーソフト、標準タイプともにかなりのコシがあるホールで標準の方は想像よりもとても硬くコシがあります。

あまりの硬さにびっくりしますよ。スーパーソフトの方は柔らかさよりコシの方が勝っている感じです。柔らかいですが、スーパーがつくほど柔らかいわけではありませんでした。臭いは新しい臭いです。特に気になる臭いではありません。鼻を近づけないと臭いませんので。

触り心地は少し違いはありますがモチモチしてます。手に持ったときの油分ですが最近のホール並ですが油分の種類が少し違う手触りでした。多少スーパーソフトの方が多いです。
使用感
 「標準タイプ」固め素材で狭くてきついホールとコンセプトにあるとおりのホールでした。内部のさざ波ヒダは硬さのためかなり刺激します。亀頭がハッキリとヒダの一本一本が感じられ、安直言い方でみみず千匹です。生身じゃないのでうねってくれませんが(笑い)他の刺激が強いホールでもゴリゴリは感じられてもさすがに判別できるほどの感触のものはあまり見かけないと思います。

kiyoさんのホール切断画像ではだんだん先細りしていってますが、そんなことを感じる間もないほど始めからきついです。横ヒダのホールは定番で多いですが縦ヒダのさざ波は今までにない感触でした。

刺激を強く求める方には問題のないホールです。


「スーパーソフト」残念なことにスーパーソフトでは素材の柔らかさのためかさざ波ヒダを感じることが出来ませんでした。スーパーソフトは柔らかと狭さの感触を楽しむホールでした。低刺激というよりヒダによる刺激がありません。柔らかいので奥まで突っ込むことができ奥ポッカリ空いた空間と一番狭い部分をビストンすることで刺激が得れます。きついホールはほとんどそうですが、スーパーソフトでも根元まで押し込んでも手を放すと勝手にホールが発射します。手で固定しなければいけないのでまったりと長時間楽しむにはちょっと不向きかもしれません。(手じゃなくてもいいのですが)ホールとちん○全体でストロークし先細り感触を楽しみました。
選んだ理由
 新しいホールがでた時点で注目していました。kiyoさんのオリジナルホールなのでとても楽しみにしていましたが手持ちホールもあるので感想がでたら買おうとおもっていました。
その他
 標準タイプは刺激をなりより求める人には硬さ、きつさ、狭さともに素晴らしいと思います。
スーパーソフトは初めてのホールには少し難しいホールだと思います。

さざ波ホールはヒダが特徴ですが三種類ともに狭さがウリだと思います。後、洗浄ですがスーパーソフトを裏返してみましたが半分までしか裏返せませんでした。全部裏返すにはコツがいりそうです。あと、裏返すとさざ波ヒダが割れました。
欠けるわけではないので問題無いですが少しショックです。標準タイプは硬かったので挑戦しませんでした。
KIYOコメント
さざ波ヒダを感じやすいのは標準タイプの方だと思っています。本当に面白い感触ですね(^-^)

スーパーソフトのように柔らかさが増せばヒダも柔らかくなりますので標準を使ったあとの感想として特に二段階柔らかい素材ですので低刺激側になると思います。

ソフトタイプはその中間ですのでヒダもある程度感じつつ、適度な柔らかさもあるタイプですので、お好みで3種類からお選び下さい(^-^)/

※注意
(1)全サイトは20歳以上の成年を対象にしております。未成年や下記(2)に同意できない方は実践はもとより当サイトから退場してください。
(2)当サイトを参考にしての実践については、各自が責任を持ってください。著者及びホームページ管理者であるKIYOは一切の責任を負えませんのでご注意ください。


当サイトの全画像、全文章の著作権は有限会社ウィッスに属しており無断使用、転載、画像リンクは禁止します。