グッズモニター報告


商品名
【20周年記念SALE】KIYOオリジナル 別穴〜其の弐(発展途上アナルの背徳感)
使用感
細身でエロゼロで、KIYOオリジナルの典型だと思ってたのですが、いざ手に取って見ると、あれ?こんなに長かったっけ?という感じの長さですね。色もワインカラー?で、これも今までに見たことのない色合いです。

試しに指を入れてみると、確かに括約筋と言う感じの縦ヒダがありました。ここだけをちんこでこすっても十分気持ちよさそうです。先へ進んでみると・・・奥まで届きませんでした。自分の指ってこんなに短かったっけ?と思ったら、やっぱりホールの方が長かったんですねw

いよいよローションを入れて、ちんこも入れてみました。入り口の括約筋は予想通りでした。奥まで進む前にちょっと楽しんどこうと思って、しばらくこすってしまいました。その後で奥へ入っていくと、あーなんだか広いところへ出た!という感じがしました。でも、次の瞬間、交互にヒダヒダがちんこに触れてきました。これが直腸のヒダなのか!と驚きました。イクまであっという間でしたが、一番驚いていたのは、自分のちんこだったのではないでしょうか?

ちんこは結構根元まで押し込んだのですが、結局奥まで達しませんでした。えー自分のちんこって短いの?と思ったけど、やっぱりホールが長かったわけですねww ホールにちんこを入れたまま、また興奮してきたので、そのままもう一回してしまいました。ここで初めて背徳感が生まれたような気がしますw

「原点」以来、KIYOオリジナルがずっと好きで、新しいのが出るたびに買っていたのですが、 なぜかアナルだけのホールはなかなか出てませんでした。それだけに、今回の別穴其の弐は自分が待ち望んでいたホールと言う気がします。

ただ、内部が長いだけに、ローションをどのくらい入れたらいいのか、一瞬悩んでしまうところがあります。反面、ホールには変わりないので、リアルでは絶対にできないアナル中出しを何度でもできて、そこに背徳感を感じるのではないかと思っています。
KIYOコメント
いつもお買い上げ有り難う御座います^^
奥を突きたい願望の方には少し物足りないですがアナルというものを追求するとどうしてもこうなってしまいました。耐久性もよく裏返した時のリアルな充血した直腸を感じて頂けたらと思います。ローションは少し薄めて(MOETの場合)出来るだけたっぷりと使ってください。

※注意
(1)全サイトは20歳以上の成年を対象にしております。未成年や下記(2)に同意できない方は実践はもとより当サイトから退場してください。
(2)当サイトを参考にしての実践については、各自が責任を持ってください。著者及びホームページ管理者であるKIYOは一切の責任を負えませんのでご注意ください。


当サイトの全画像、全文章の著作権は有限会社ウィッスに属しており無断使用、転載、画像リンクは禁止します。