グッズモニター報告


商品名
■販売終了 ガチ切れコラボホール(第1弾)ハードタイプ
使用感
∬゜ΘωΘÅ < キグダフタヌーン! KIYOさんとhyau工場のコラボだお!!

hyauのゼロスパシリーズで使われる大きなフォーマットを採用し、関西のマジキチアダルトショップKIYOプロデュースの内部構造で仕上げた商品です。ノーマルとハードの2タイプ。器具田研究所も内部構造の試作・実証試験などで参加しておりますお!

外観はすでにおなじみとなっていますが、例によって手持ちサイズに余るデカさですからね。両手でオナホを支えて、腰を使って突く使い方が合うんです。大きいために、ハードでも手に持っただけではワリと柔らかいな、と感じます。
オナホも大きくなると形崩れ防止のために硬くする傾向がありますよね。KIYOホールは柔らかい方だと思いますよ。ハード版であっても、ブリブリした反発性は抑えられ、ふんわりと包み込む優しさを持ち合わせています。肉厚だからクッション効果が利いているわけ。ノーマル版はさらにネットリ感が増してエロいです。耐久性はhyauですから、強いですよ。ベタつきも臭いも抑えられています。
色に関して言えば、ハード版の紫色に対して、ノーマル版のスライムみたいな黄緑色はユニーク。オナホに使われにくい色をわざわざ選んで採用した感がありますね。エロさよりもオンリーワンが大事なのです……よ?

内部構造でKIYOさんがこだわったのは、最奥部のドーナツ+突起形状。ちんちんの先っぽをやさしく滑らかに撫でるようなデザインです。このやさしさにあわせるように、入り口から最奥部までの膣道も滑らかな有機イボベースで構成。ワインディング無しの平坦な膣壁です。ローションを保持するしっかりした曲線凹ミゾを付けました。ハード、ソフトともに射精攻撃性を抑えめにし、スローオナ
ニー寄りになっています。ゼロスパと違い、非対称なデザインなので回転させると味わいの違いが出ます。

重さを活かして、仰向けに寝てホールを全挿入します。両手でオナホを持ち、半分ほど引き抜いて手の力を弱めるとオナホが落下、全挿入に戻ります。この繰り返し。重量感が騎乗位されてるみたいなんだなあ。ノーマル、ハードともに、肉厚であるがゆえにすっぽ抜けるようなロケット膣圧はありません。ちんちんをくわえこんだらぴったり密着して安定する感じです。
アレ、ノーマルとハードって言うほど変わらないんじゃね?

ノーマルとハードを硬さの違いから評価すると、ノーマルだから低膣圧、ハードはロケットオナホ、というほどはっきりした差はありませんでした。どちらも膣圧はユルくもなくキツくもなく、「しっかりした量感」が感じられます。キツ系を想像してハードを買うと、これはノーマルなのでは? と思ってしまうかも。
違うポイントは、膣壁パターンの摩擦度でしょうね。ノーマルでザラザラなイボが通過するのとハードのそれとでは、性感の強度差がありました。
指で感じるよりちんちんの先の方がザラッと感がよくわかるんです。
滑らかに撫でられたいならノーマル、わかりやすい亀頭責めで早めの射精を求めるならハード。
摩擦強度はローションによっても変わります。
滑らかな撫でを狙った構造なのに、粘っこく摩擦感のある亀頭部。変化に富んだ有機的イボ。この粘りをローションでスルスル高速通過させてはもったいない、と考えてみます。
高粘度ローションや滑りの良さを追求したローションだとホールの味わいが単調になるので、潜在能力を発揮させるためにはアストログライドの温感やペペウォームなどの温感系サラサラローションをホールにごく少量、ちんちんにも塗って使うといいと思いました。温感系は蒸発しにくくオイリーで、滑りが少なめ。滑りを最小限にして、オナホ素材の粘りと摩擦を味わう通のやり方です。摩擦が強
すぎたら、オリジナル版のペペを少しずつ足していけばいいのです。
大型高級ホールは時間をかけて楽しみたいですからね、遅めピストンと角度控えめの往復回転で寸止めしながらゆっくりドウゾ。機械的横ヒダよりも有機体加工が好きな人、粘る摩擦感が好きな人におすすめです。

※注意
(1)全サイトは20歳以上の成年を対象にしております。未成年や下記(2)に同意できない方は実践はもとより当サイトから退場してください。
(2)当サイトを参考にしての実践については、各自が責任を持ってください。著者及びホームページ管理者であるKIYOは一切の責任を負えませんのでご注意ください。


当サイトの全画像、全文章の著作権は有限会社ウィッスに属しており無断使用、転載、画像リンクは禁止します。