床オナ式名器開発エピソード

2013年某日

毎度お馴染みのKIYOスタッフ達は世の中のオナニーについて真剣に語り合っていた。
事の発端と言えば 「オナニーとは!?」 店長が突然叫んだ

一同:「は?何を突然?」と心の中で思っていた。
「また始まったよ・・。」「何か思いついたみたいだ・・。」

 
白戸 「??」
「また何を突然言い出すんですか?普通の会社じゃ考えられないですよw」
KIYO 「白戸君、貴方にとってオナニーとは!?」
白戸 「ええ?突然そんなこと言われてもw まあ、そうですねぇ生活の一部でもあるし、ストレスも解消できるし・・人それぞれじゃないんですか?」
KIYO 「そうだよね。人それぞれだよね。深く考えると生命の神秘みたいな話になるのだけど、オナニー方法は万国共通ではないよね?今までアダルトグッズを販売してきた経験で言うと、世の中とんでもないオナニーがあるはずなのに僕たちはその一部しか知らない可能性が高い。そう思うんだ。」
白戸 「でも僕たちって一般的に考えると、まだ知っている部類に入るのではないでしょうか。」

それを聞いていたカッシーが話し出す。

 
カッシー 「僕は子供のころから床オナですよ。もちろん商品のオナホールを使うときは手でやりますけど」
雪乃 「床オナって何・・?何なの? もしかしてベッドに寝転んで布団に擦り付けたりするアレのこと?」
マキ 「雪乃ちゃああああん!!詳しいねww 私の知る限りだと床オナって男性のオナニーだと思ってた。」
カッシー 「雪乃ちゃんww 床オナ、いや布団擦り付けオナww」
KIYO 「いや〜男も女も色々なオナニーがあるんだよね。カッシーが床オナ派ならいっそ床オナ専用のオナホールを開発してみてはどうだろう?」
白戸 「理屈はわかるんだけどなぁ〜床オナって気持ちイイの?」
カッシー 「いや〜千差万別だと思いますがアレはアレでいいモンですよ」
「こう何と言うかね。圧迫したら気持ちイイんですよ。でも圧迫する床オナは遅漏や膣内射精障害になる危険性が高いと言われてるんですよ。だからあまりやりませんけど。」
マキ 「膣内射精障害って本当にあるらしいね〜。私の友達の元カレがそうだったらしくて相談受けた事あるわ〜」
雪乃 「恥ずかしいなぁ・・女の子も床?かわかんないけどそんなオナニーもするんですぅ!(怒プンプン!)」
男性陣 「いや雪乃ちゃん・・・もう誰も気にしてないからw」
KIYO 「床オナはやり方を間違えたら危険性もある。。それなら、床オナニストには危険性の少ないオナホール、うつ伏せ体勢でのオナニーをしていない人には新しい快感を体験してもらえるオナホールを開発しようよ!」

こんな流れでついに始まった床オナニーオナホールの開発。

そもそも床オナとは?

床オナニーの方法と危険性

床オナ(床オナニー)それはうつオナ(うつ伏せオナニー)とも言われ一般的に手淫(手でペニスをしごく)行為とは違い様々な方法があるようです。
まずその刺激方法としては「摩擦」「圧迫」の2種類に分ける事が出来ます。刺激対象としては「床」に限らず「布団」「クッション」「枕」などが多く、その対象は特に限定されていません。つまり遊具の「のぼり棒」なんかもそれと同様と思われます。

次にペニスの状態として「ふにゃちん」「半勃起」「ギン勃ち」など様々な状態で行われています。最初は「ふにゃちん」で開始。徐々に勃起させて射精に導く方法と、「ふにゃちん」のまま圧迫したり摩擦をして、あくまでも「ふにゃちん」のまま射精まで到達する。こんな方法もあります。
そんな床オナで危険とされているのが体重による圧迫でペニスを刺激する方法です。
代表的な例として、圧迫による快感はペニスに強烈な刺激を与える事によって射精まで導く方法ですので、その方法に慣れてしまうと「手コキ」などでも気持ちよく感じない体になってしまうというものです。つまりそれはSEXで射精まで到達できない。「膣内射精障害」という状態になりかねない。というのです。

その危険性については専門家もすでに指摘されているようで「日本家族計画協会」というところの調査でも、「遅漏」や「膣内射精障害」などの問題が取り上げられていました。

でも幼少の頃からの習慣は、そうそう急に変えられるものではありませんよね?もはやうつ伏せの体勢でないとイクことが出来ない男性も多いと聞きます。そもそも過度な圧迫や刺激が原因なのですから体勢は問題なく、むしろSEX時の正常位と同じ体勢で出来るオナホールを開発する事になりました。ローションを使い、挿入の刺激で摩擦する事によって圧迫を防ぎ腰を振って擬似SEXが出来るというのが特徴です。

床オナQ&A

床オナニー(うつぶせオナニー、圧迫オナニーなど含む)についてのQ&A

Q:床オナってどうやるのですか?やり方を教えてください。
A:床やクッションなどに擦り付けるか、圧迫をして射精まで導きます。

Q:床オナって気持ちイイの?
A:はい!床オナニーに慣れてしまったら相当気持ちよいです。

Q:床オナって何が良いのですか?
A:うつ伏せ状態でやるため、まるでセックスをしているかのような快感があります。

Q:床オナを楽しむためのコツはありますか?
A:うつ伏せ状態でペニスのポジションを決めてから、乳首も同時に刺激すると快感が増します。

Q:床オナはペニスを上下どちらに向けるのが正しいのでしょうか?
A:どちらが正しいという事はありません。勃起状態でしたら必然的に上向きになると思います。

Q:圧迫する床オナが止められないのですが。どうしたらいいでしょうか?
A:圧迫する事に慣れてしまうと実際のSEXではイキ難くなってしまう事があるようです。圧迫は止めた方が良いと思います。

Q:床オナ歴20年なんですが、どうすれば圧迫する習慣を止めることが出来るでしょうか?
A:とても難しい事ですが、一つの案として1週間程度オナ禁をしてから、床オナ式名器を使用されてはいかがでしょうか?それを繰り返し、まずは摩擦でオーガズムを得る習慣をつけられてはいかがでしょうか。

Q:床オナ+チクニー(チクニーとは乳首でオナニーすること)以外に気持ち良くなる方法はありますか?
A:床オナ+乳ニーにプラスするとなれば、前立腺刺激になっちゃいますよね・・。エネマグラ等を使用しながらの床オナ愛好家はおられるようです。

Q:床オナは女性もするのですか?
A:床や枕、クッションなど女性も床オナ愛好家がおられます。

床オナ式名器誕生

2013年11月某日  〜 床オナ式名器のサンプルが到着 〜

一同「おぉぉぉ〜っ!」
白戸「なんだコレw自転車のサドルみたいじゃない?」

カッシーが中を覗く・・・
カッシー「おおお!これは良さそうですね!」

〜 その後 〜

   
KIYO 「うつ伏せ体勢でオナニーする習慣が無かったので、実はあれから密かに床オナを練習してたんだよ。帰って試すの楽しみだなぁ〜♪」
白戸 「これは新しいですね!
どんな感じなのかねー」
カッシー 「床オナに関しては、この中で自分がよくので帰ったら色々楽しみますぞ〜!」
そーご 「わし、今回こそはすぐに使ってみます・・前も忘れたもんで・・」
全員 「いやいやいや!そーごさん当然じゃないですかぁw 早く使って職人さんに感想言わないとw」
そーご 「ちゃんと使いますので・・・」
KIYO 「さぁ今日は早めに業務終了して帰ろう!」
男性陣 「OKっす!スタコラサッサー」
マキ 「チョット!いつもそうじゃん!もうっ」

〜 次の日 〜

             
KIYO 「おはよ〜♪みんなどうだったぁ?」
そーご 「わし、使いましたよ。腰痛気味なのは皆さんご存知の通りですが、ゆっくりスローなオナニーで入れっぱなしでじっくり楽しみましたです。体力もかなり使いました。」
KIYO 「僕もスローオナニーだったよ^^
内部の角度や内部構造の感触に関してはコレで良いと思うんだ。」
白戸 「いやいや!
内部構造ももう4回目の作り直しですよwいい加減にしないと絶対に怒られますって!」
KIYO 「あははっ大丈夫だよ〜 もうこの程度では職人さんも怒らないって ^^
いつもの事だからね〜」
カッシー 「ゴホンっ・・では僕の感想を・・これはですね〜もう少し厚みがあった方が良いんじゃないかと思うのです。あと、上にあった小さい穴は塞いだ方が良いですね。バキューム感が違います。」
白戸 「確かにカッシーの言う通りかも
指で穴を押さえたんですが確実に吸い付きが変わりましたからねぇ」
KIYO 「よ〜し!では最終調整の電話するよ〜
穴の塞ぎと厚みだね。」
男性陣 「御願いします〜」

肝心の耐久度テストの結果と注意点は。。

裏返し洗浄は構造上不可能です。素材はかなり研究しました。自信の素材です!
使用後はぬるま湯や水で洗浄してください。シャワー等で流すとやり易いです。
ふきとり棒などで水分を拭いてしっかり乾燥しましょう。乾燥させたら保管する前にパウダー(ベビーパウダーなど)を振りかけてまんべんなく馴染ませます。
ローションは水溶性(MOETローションなど)をご使用ください。オイル系ローションは破損の原因となりますので使用しないでください。

そしてそして…ついに!!ここに誕生!!
  KIYOオリジナル「床オナ式名器」



ご購入はこちら