ヴァージンループシリーズ全貌大解説 ~Part1~

2024/06/11
by アダルトグッズ通販 KIYO

■プロローグ ~オナホ選びに必要なことって?~



こんにちはコンバンワ、御萬恋次郎っス! 

突然っスけど、読者の皆様の中にも、オナホールが好きでこれまでに何種類かのオナホを使ったことがあるという人もはなくないと推測してるんスけど、それらをゲットする前にはネット情報を参照したり店頭で吟味して「ようし…今回はこのオナホを買うぞ!」って決意した瞬間があったんじゃないかと思うっス。

で、選んだオナホと選ばなかった他のオナホを比べてみた時、きっとあなたなりの選別基準やその時の気分によって「このオナホの特徴が一番気持ち良さそうだな」と判断したのが選んだ決め手になっていたはずっスよね。

例えば「内部構造が複雑で気持ち良さそうだ」とか、「レビューサイトで高い評価を得ているな」とか、「もう持ってるオナホに構造が似てるからハズレはしないだろう」とか。

人それぞれの判断基準に優劣も正誤もないっスから、あなたがどんな基準でオナホを選ぶかはもちろん自由なんスけど……もし、その判断をする時に、特徴がイマイチよくわからないオナホが混ざっていたとしたら、どんな判断基準を持っているにせよそのオナホはちょっと選べないっスよね? 

やっぱり、特徴がハッキリしていて明確に比較できるオナホの中から納得して選びたいっスよね?

 

 ……ここに、様々なシリーズ展開をしている、とあるオナホが存在しているっス。

その名は――ヴァージンループ。

初代の発売以来10年以上シリーズ展開を続けていて、初代の「細かな横ヒダ主体の刺激」というコンセプトを守りながら、断面形状・全体形状・素材の組み合わせといった工夫で様々なバリエーション展開を重ねた結果、現在までにラインナップが18種類にも達しているっス(一部、廃盤になったものや季節限定品を含むっス)。

ボクもさすがにこの全種類が一同に並んでいるのは見たことがないっスけども、グッズショップで取り扱いさえあれば初代まで遡って購入する事ができるっス。

そしてこのシリーズのすごい所は(おそらくもう皆様お察しの通り)、これだけ多数ある中からこのヴァージンループとあのヴァージンループでどこがどう違うのか、同時に比較使用しないと到底把握しきれないという

 ”ラインナップが多すぎるゆえに、どれが自分の求めている欲求に合うのかわからない”

 という特徴にあるっス。

 

 実のところ、このシリーズの評判自体は長年好評を保ち続けていて、オナホ初心者にもオナホ上級者にもラインナップのいずれかには好みの刺激が見つかるという素晴らしいオナホなんスけども、じゃあヴァージンループシリーズでいちばん気持ち良いものをゲットしたいなら、全種類試してみなきゃわからないじゃないか……という話になっちゃうんスね。


 そこで、御萬恋次郎は思ったんス。僭越ながらボクがヴァージンループを一通り実際に使って比較して、その特徴を洗い出せばいいんじゃないかと。そして、皆様にはその特徴を資料にしてもらい、本当に欲しいヴァージンループを選んでもらえたらいいんじゃないかと。

 

 というわけで、さっそく今回のブログではヴァージンループシリーズより以下の6種類を紹介させて頂くッス。


■ヴァージンループシリーズ商品解説

 今回解説するのはこちらの6種類になるッス!

 

① 初代ヴァージンループ

四重螺旋ヴァージンループ


② 初代ヴァージンループ ハード版

ヴァージンループ【ハード】


③ ヴァージンループ エイトロング

ヴァージンループエイトロング


④ ヴァージンループ エイトロング ハード版

ヴァージンループエイトロング【ハード】


⑤ ヴァージンループ エイトロングCQ

ヴァージンループエイトロングCQ

⑥ ヴァージンループ ダリンセブン

 ヴァージンループダリンセブン


 なお、御萬恋次郎のチンコデータとして「太さはトイレットペーパーの芯にほぼ隙間なくキツくもなく、ちょうど収まるぐらい」という点だけ踏まえて頂ければ、各オナホの使用感をイメージしやすいと思うっス。

 

① ヴァージンループ(元祖)








オナホデータ

・全長14cm、内部構造の深さ10cm、素材:バンジータッチ

 

 内部構造の穴の断面は「四重螺旋」と書いて「クローバー螺旋」と読ませるッス。

断面形状は挿入部から最深部まで一律で、そこに約1mm幅の細かな横ヒダが規則正しく並んでいるッスね。

断面形状を見た印象では盛り上がっている山状の突起が強く刺激してきそうなんスけど、挿入している間は穴が広げられてこの山状の突起も引き伸ばされるので、ほとんど刺激に影響しないっス(ゆっくり動かしたり、オナホを軸回転させると、ほんのり存在を感じられる程度)。

刺激の主体はほぼすべて、細かな横ヒダによる「ソワソワするような摩擦感」にあるッス。

横ヒダは均一で挿入する深さによる刺激の変化も生じないっスから、どう動かしても細かなヒダによる優しい摩擦感のみが延々と続く感じでとても安定感があるっス。

ただ、チンコを深く挿入すればするほど、その均一な刺激がチンコ全体に拡散されて逆に刺激は曖昧になってくるっスね。オナホのサイズも穴の直径も比較的小さめっスけど、柔らかくよく伸びるのでキツさはあまり感じないっス。

挿入部の外縁が大きく左右に割れていて、使う向き次第では一応チンコを咥えられるような感覚も若干得られるっスね。まとめると、全体的には本当に驚くほどシンプルかつ変化のない刺激っス。

全長も最近の平均的なオナホと比べて短いっスから、チンコを根本まで入れるような使い方は難しいっス。むしろ、亀頭だけを抜き差しするように浅く使う方が、刺激をはっきり感じられるのでお勧めっス。

 ちなみに、ヴァージンループが登場した10年前(2014年当時)と言えば、オナホの内部構造は現在と比べてまだまだシンプルだったり発展途上の物も溢れていたので、当時のオナホユーザーが感じた刺激としては明確かつ制御しやすい刺激だったっス。

でも、現在の様々なオナホを体験している中級者以上のオナホユーザーにはおそらく物足りない刺激である事は否めないと思うっス。ある意味、古き良き優しい刺激、という感じっスね。


② ヴァージンループ ハード







オナホデータ

・全長14cm、内部構造の深さ10cm、素材:ハードタッチ

 

 構造は初代ヴァージンループとまったく同じっスけど、より弾力の強い素材が使われているっス。元々の小さなサイズ感と弾力による強い圧迫感が刺激の主体となっているっスね。

素材の固さは言い換えれば伸縮性が低いという事でもあるっスから、いわゆるキツいオナホの使用感が好きな人には気に入ってもらえる特徴だと思うっス。

ただ、四重螺旋構造や細かな横ヒダの刺激は、キツさの陰に完全に隠れてしまって、まったくといっていいほど感じられないっス。

ソワソワするような摩擦感もどこへやら、とにかく固いシリコンゴムの穴にチンコを突っ込んでいるという印象が一番大きいっス。

また、摩擦もかなり強いので、ローションが比較的早く擦り出されてしまうという特徴もあって、ローションの追加を怠ると摩擦が痛くなってくる場合もあり得るっス。

あくまで御萬恋次郎個人の感想っスけど、正直これではイける気配どころか快感自体が得られない……という感じっス。

もちろん、ボクとオナホの楽しみ方が違うタイプの人には大当たりである可能性もあるので、この特徴をよく参考にしてほしいっス。

ちなみに、シリーズの各ハード版(ハードタッチ素材)は基本的に無色半透明の素材っスから、挿入したチンコがオナホ越しに見えるというのも特徴のひとつっス。ここだけはボクのお気にリポイントっス。

 

③ ヴァージンループ エイトロング





オナホデータ

・全長18cm、内部構造の深さ14cm、素材:バンジータッチ

 

 穴の断面は「8重螺旋」になり、細かな横ヒダも幅0.8mmという非常に繊細な構造を実現しているっス。

また、ロングの名前のとおりオナホの全長および内部構造の深さもヴァージンループから長くなって、全長は約4cmの延長が図られているっスね。

内部構造についてはただ延長されたのではなく、最深部に深さ約2cmの球形の空洞が増設されていて、その内面に直径約4mmの半球が多数並んでいるっス(例えるならゴルフボールの表面形状を裏返した感じっス)。

全体の太さはあまり変わっていないんスけど、同じ素材であるはずのヴァージンループより明らかに柔らかな挿入感で、その点ではソフトな刺激を好む人には初代よりもお勧めできる特徴っスね。

また、全長が伸びたことで長いストロークの抜き差しも可能となり、チンコの根本まで包み込むような挿入が実現しているっス。

挿入部外縁の左右に割れる構造もデザインが変更されていて、深く挿入した際にチンコの根本が全方向から包まれるような感触が感じられるようになっているっス。

ボクはこの根本への刺激もオナホの評価ポイントにしてるっスから、個人的にはこのエイトロングの外縁構造はかなり好きっス。

 細かなヒダによる「そわそわする摩擦感」は、8重螺旋+08mm横ヒダとなった今作でも正直あまり違いを感じられないんスけど、締めつけ感が弱まっている分摩擦感をしっかり感じやすく、ヴァージンループらしい刺激という意味では元祖よりエイトロングの方がわかりやすいかも知れないっス。

一方で、増設された最深部の構造からは明確な刺激を感じにくくて、一番奥までチンコを入れたままオナホを軸回転させれば、そこはかとなく横ヒダとは違う刺激があるような…? 

ぐらいの感覚っス。とはいえ、チンコ全体を挿入するだけの全長が足りなかった元祖と比べれば、根本まで挿入できる満足感があるだけでもお勧めできるっスね。

 

④ ヴァージンループ エイトロングハード







オナホデータ

・全長18cm、内部構造の深さ14 cm、素材:ハードタッチ

 

 構造はエイトロングと全く同じで、素材のみ変更されたバージョンっス。

ハード版ならではの特徴は、正直ヴァージンループ ハードの解説とまったく同じっス。

刺激の主体は弾力によるキツさで、内部構造由来の横ヒダや最深部の増設構造による刺激は圧迫感の陰でほぼ感じられず、このキツさを楽しめる人にだけお勧めできるオナホという感じっス。

強いて言えば、全長が長くなったのでチンコの根本までキツさを感じられるようになったというのが最大の特徴っスね。

 

⑤ ヴァージンループ エイトロングCQ









オナホデータ

・全長17cm、内部構造の深さ14cm、素材:バンジータッチ・部分二層

 

 ベースとなっている構造はエイトロングと同じっスけど、最深部に「CQ」と呼ばれる独自構造が作られているっス。

この部分のみハードタッチ素材で作られていて、奥まで挿入すれば小さな壺状の穴へ亀頭が入り込む感触を得られるっス。

エイトロングとの共通部分である「8重螺旋」の断面形状が、実はエイトロングと微妙に異なっているんスけど(開口部画像のとおり、輪郭が少し丸っこくなっているっス)、その使用感はエイトロングと変わらないように感じたっス。

そして肝心のCQ構造部分っスけど、ボクの場合、亀頭がCQ構造に届いてから一番奥まで入る短い距離で、カリが2回、コリコリと小さな輪を通り抜けるような感触が感じられるっス。

この部分は別の素材が使われていて本体の素材よりも少し固いんスけど、この固さの違いは刺激にそれほど影響していないみたいで、コリコリした感触は構造由来のものと考えられるっス。

 ここまでに紹介してきたシリーズのすべてが挿入のどの部分でも同じ刺激であったのと比べると、抜き差しするたび明らかに別の刺激が混ざる事で、横ヒダの刺激に慣れてしまう現象を軽減できている気がするっスね。

もしエイトロングが気に入っているなら、そのバリエーションとして安心して試せると思うっス。なお、外観のデザインがエイトロングとまったく同じでありながら全長はエイトロングよりちょっとだけ短くなっているんスけど、これは使用感にまったく影響していないので安心して大丈夫っス。


⑥ ヴァージンループ ダリンセブン









オナホデータ

・全長17cm、内部構造の深さ13cm、素材:バンジータッチ

 

 商品名のダリンは、おそらく船を操るハンドルである「舵輪(掴めるところが6本あるタイプ)」のイメージと内部構造の断面形状を掛け合わせているっスね。

「四重螺旋」と「8重螺旋」のちょうど中間という感じで、中心の穴の周囲に6本の軸状の空洞が並んでいるっス。中心軸+6本の軸で合わせてセブン、これが合わさってダリンセブンとなるっス。

断面形状が緩やかなカーブ方向へシフトしていた「8重螺旋」とは対象的に、このダリンセブンの断面形状は「四重螺旋」よりもさらに複雑かつエッジの効いた断面になっているっス。

実際の使用感を一言で表すなら「エイトロングの上位互換」という感じで、チンコで感じられるヒダの刺激、全体の長さから得られる深い挿入感、根元まで挿入した時にチンコの根本がぷにぷにと包まれる感触まで、かなりエイトロングに似ているものの、全体的により明確な刺激が感じられるっス。

ただ、その差はあくまでも控えめで、断面形状の見た目の違いから想像できそうなエイトロングとダリンセブンの差は、両方同時に使ってみて初めてわかるぐらいかも知れないっス。

また、最深部の構造もエイトロングとはハッキリ違う構造になっているんスけど、やはりこの部分から得られる刺激は弱くて、あくまで補助的なものという感じっス。

 ボク的にはダリンセブンの方が強い快感を得られるのは確かなので、ヴァージンループシリーズでなるべく確実な感触を得たいのであれば間違いないチョイスと言えるっス。

 

■今回の6種類の比較とまとめ

 まずはシリーズ全体より初代を含めた標準的な使用感のものを選んで紹介させてもらったっスけど、それぞれの違いが伝わったっスかね? そして、この6種類から目的別におすすめランキングを作るとすれば、概ね次のようになるっス!

 

【とにかくヴァージンループのオリジンに触れたい】

お勧め度★★★★★:ヴァージンループ(元祖)

 

【シリーズ共通の特徴をより気持ち良く感じたい】

お勧め度★★★★★:ダリンセブン

お勧め度★★★★:エイトロング

お勧め度★★★:エイトロングCQ

 

【刺激に慣れてしまうのを軽減したい】

お勧め度★★★★★:エイトロングCQ

 

【キツさや圧迫感を重視したい】

お勧め度★★★★★:エイトロング ハード

お勧め度★★★★:ヴァージンループ ハード

 

 シリーズからこれぞという一品を選ぶ際に、ぜひ参考にして頂きたいっス!

 

 というわけで、今回の紹介は以上っス。次回の更新では、シリーズの残りから人気が高い等で比較的入手しやすい5種類を紹介する予定っス。それではまた次回お会いしましょうっス!




コメント

投稿はありません

レビューを投稿する