ソフトSM講座
出来そうで出来ない「SM」。。。。初めは軽くソフトSMから初めてみませんか?
そんな「ソフトSM」の秘密をそっと貴方にお教えいたします。

また勉強しに来るかもしれないので、(^-^)

 

◆まずはここから。。。。。SMプレイの前提条件

最初にSMプレイの基本的約束事、ルール、条件などをお話ししておきます。
この約束事や条件は、次回以降の講座全ての前提となりますので、しっかりお読みいただき、頭に入れておいて下さい。
(本当はプレイする部屋に大きなフォントで印刷して貼っておく、くらいの気持ちが欲しいところですが、まさか、部屋に堂々とこんなものを貼っておくわけにもいかないでしょうね。)ちょっと固い内容になりますが、当事者やKIYOさんが法的な問題に巻き込まれたりしないためにどうしても必要な約束事です。

まず、SMプレイは健康で責任能力ある成年男女の自由意志の下での相互の合意によって行われなければならないということ。
当然、男女どちらか一方が18才未満であれば、許されません。
「健康で」ということは、どちらかに潜在的にでも持病のようなものがあると、SMプレイのように肉体的にも精神的にも極度の緊張が必要とされるものでは、最悪の場合、発作などが起きて命にかかわる危険があるからです。
「自由意志の下での相互の合意」ということは、例えば男性が一方的に女性を力づくで拘束したり、無理矢理何かに同意させる
というのは絶対に禁止、ということです。

次に、生命に危険の可能性があることは、絶対に行わない、ということも大切です。入門・初級段階では、男女とも恐る恐るプレイをするので、まず命の危険は考えられませんが、少し慣れてくると、つい、過度な刺激を求めて無理をしがちです。
くれぐれもご注意下さい。
また、SMプレイでは拘束が付き物ですが、地震や火事など、突発的災害の発生時に、速やかに拘束を解けるよう、事前に必ずチェックをして下さい。非常時に拘束状態のまま女性を置き去りにするなどは、殺人罪となっても当然と言えるでしょう。

さらに、中級ぐらいになると、上で述べた事前の相互の合意の下でなら、女性の訴えにもかかわらず、責めを続けるという場合も出てきます。その場合、責める側も責められる側も快感と陶酔状態に陥る余り、肉体の限界に気付かないことがあり得ます。
そこで、特に女性側は、「本当に限界」、事前の「相互の合意」を越えていると思ったときに発することができるように、ドクターストップ的な合い言葉を男性との間で取り決めておくことをお勧めします。
「いや!」とか「もう駄目!許して!」などは、駄目です。SMプレイ中に、これらの言葉は当たり前のように発せられるからです。
そうしたプレイに付き物の言葉でない、言葉、それも簡単に言えて、聞き取りやすい言葉がよいでしょう。例えば、「ストップ!」とか、
「チェック!」とかがいいでしょう。
けれども、こういう合い言葉さえ発せられないほど、無我夢中状態になることもあります。そのような場合、女性からドクターストップの発信ができないのですから、男性側がそれを察してやらなければなりません。
それは男性側の責任であり、義務です。その自信がないなら、そうした極限までのプレイは最初から試みるべきでありません。
「ドクターストップの合い言葉を(女性が)言わなかったから、気が付かなかった…」などという言い訳が責任能力のある成人の世界で通用しないのは、言うまでもないでしょう。
なお、本講座では、いわゆる「苦痛」系は避けて、もっぱら「官能」系のSMプレイを扱いますので、鞭、縄、熱蝋による肌への損傷等、身体を直接傷つけたりする危険性には触れませんが、「官能」系でも、拘束を強くし過ぎると思わぬ擦り傷などが付く可能性もありますのでご注意下さい。

 
 

第三段 ソフトSM&イカセルバイブテクニック講座

1講座
「SMプレイの前提条件」
2講座
「SMプレイのエッセンス」
3講座
「拘束の難しさ」
4講座

「拘束のヒント」

5講座

「何故拘束するのか」

6講座

「拘束効果の極致−−痙攣」

7講座

「初回を大切に」

8講座

「閉脚立位責め」

9講座

「バイブレーターの緩急」

10講座

「立位開脚責めの特徴」

11講座

「開脚の幅について」

12講座

「最初は「着衣」から」

13講座

「中盤戦(仕上げの続き)」

14講座

「終盤戦(仕上げの続き)」

15講座

「仕上げ」

16講座

「Gスポット責め−その1−」

17講座

「Gスポット責め−その2

18講座

「Gスポット責め−楽な姿勢で

19講座

「Gスポット責め−Gバイブの特徴

20講座

「Gスポット責め−暗示の大切さ

21講座

「Gスポット責め−バイブ装着

22講座

「Gスポット責め−バイブ動作

23講座

「Gスポット責め−自分で自分を責めさせる

24講座

「Gスポット責め−俯せ姿勢へ展開

25講座

「Gスポット責め−二様の特異な反応

26講座

「Gスポット責め−開脚へ展開

27講座

「Gスポット責め−ファックミー登場−」

28講座

「Gスポット責め−問題のGスポット責め機構」

29講座

「Gスポット責め−ファックミーの威力」

30講座

「言葉による前戯 -前編-」

31講座

「言葉による前戯 -後編-」

32講座

「VIBはSWINGの後で・・」

 
 
 

随時更新していきます♪
お楽しみに〜〜。

 

 

 第一弾 ソフトSM講座

1講座 「SMへの抵抗をなくす:恐怖心と好奇心」
2講座 「ノーマルからSMの入り口まで..」
3講座 「羞恥心と焦らし」 
4講座 「SMビデオの利用法」 
5講座 「まずはフィンガープレイから」 
6講座 「身近なものを使って..」
7講座 「バイブプレイはSMのアルファでオメガ」
8講座 「バイブプレイその2」
9講座 「性感帯」
10講座 「拘束具の効果」  
11講座 「潮吹き」 
12講座 「限りなき快楽を求めて」最終回  

第二段 愛する女性とのSMプレイ入門講座

1講座 「全てはコミュニケーションから始まる」
2講座 「SMは「変」態、なんかじゃない」
3講座 「いよいよ矛先を相手に向ける」
4講座 「SMビデオの選び方」
5講座 「SMビデオの使い方」
6講座 「SMビデオの解説法」
7講座 「SMビデオから実践へ」
8講座 「不安・期待・羞恥」 
9講座 「新鮮さ・葛藤・美」
10講座 「大開脚仰臥責めの実際その1」
11講座 「大開脚仰臥責めの実際その2」
12講座 「大開脚仰臥責めの実際その3」

当サイトの全画像、全文章の著作権は有限会社ウィッスに属しており無断使用、転載、画像リンクは禁止します。
アダルトグッズKIYO商品一覧体験レポートグッズ研究室ソフトSM入門女性のオナニー講座
男のオナニーテクニック♀をイカせる○秘テクアダルトグッズ講座レディースコミック売上ランキング